ジョンストンズ ストール「カシミヤ100%とは限らないって本当なの?」

こんにちは。

ATLUCKWATCH店長の竹内です。

 

ウィンドーショッピングをしているとき。ついつい商品を触ってしまうことはありませんか?

かわいい小物が目に入ったら、素敵な色の洋服を見つけたら。女性なら、欲しいものとは限らなくてもちょっと手に取ってしまうことがあると思います。

それが、ストールのような肌触りが重要な商品だったりすると、初めは「色」「柄」に目がいくものの、直接触って「手触り」「肌触り」を確かめたくなりますよね。

 

とある日のこと。某有名アパレルショップで。

「あ!ジョンストンズみっけ。」とばかり、いつものように触ってみたら、

「あれ?!手触りが全然違う・・・?!」

「一体どういうこと?」と一瞬ぷちパニックになりました。

 

よ~く見ると、その商品についているタグはジョンストンズ(Johonstons)ではあるけれど、ジャーナルスタンダードさんとのコラボで別注ジョンストンズ「ウール90%カシミア10%」と記載されていました。

「そっか~。ジョンストンズでもウールがあるんだ。」と初めて知りました。

お値段も2万円台でお手頃でしたが、ただジョンストンズ=カシミヤと思っていたので、「肌触り全然違う~~~」と思ったのも、正直な感想です。

 

以前のブログでジョンストンズ 別注モデルについて詳しく書いております。

【2017AW】ジョンストンズ 別注モデルはまだ買うな?? カシミアストール別注色を徹底解説しますはこちらをクリック

では一体、「カシミヤ」と「ウール」の違いって何なのでしょうか。

お値段がこれだけ違うのですがすから、そこには何かの違いがあるはずです。

今回は、「カシミヤ」と「ウール」の違いを徹底検証したいと思います。

◆徹底検証「カシミヤ」と「ウール」の違い

この会社で働く前、アパレル素人の私の認識。

カシミヤ・・・基本的には高い。薄くても暖かい。セーターでは腕のこすりあう部分などにできる毛玉が気になるので、ちゃんと毛玉チェックをしてから着ないと野暮ったくなってしまう・・。

ウール・・・暖かいけどカシミヤよりごわっとしている。セーターではボリュームが出るので「太って見える」気がして避けてしまう。でもリーズナブルで、毛玉ができても取りやすいので使い勝手がいい。

これくらいの知識しか持ち合わせていませんでした。

表にしてしまうと、急に頭がインプットを拒否してしまう・・・。のも事実。

実際にネットでジョンストンズだけれどウール100%というものを購入して、カシミヤ100%と比べてみました。

こちらは、タグがジョンストンズのセカンドラインである「Royal Heather(ロイヤルヘザー)」です。

「ラムズウール100%」と記載があります。グレースチュワートを他店で購入してみました。

こちらは当店で販売している、ジョンストンズのミッドグレー。

もちろん「カシミヤ100%」です。

ラムズウールとカシミヤを並べてみました。

見た目はどうでしょうか?

際立って異なるようには見えませんが、カシミヤには「ツヤ感」があって、ウールは「圧縮したような質感でごわっとした感じ」があるように見えませんでしょうか。

 

ただカシミヤとウールを並べてみて、写真で伝えるのは本当に難しいです。触ると一瞬で「カシミヤ!!」「ウール!!」ってわかっちゃうんですが・・・。

あえて言葉で説明すると、カシミヤは繊維構造上、ウール(羊毛)に比べ規則正しいスケール(うろこ状の表皮)に覆われているために、なめらなか肌触りなんです。

拡大した繊維の写真をみてください。

このうろこ状のものがウールよりもカシミヤは少ないので、より滑らかに感じられます。

今回比べてみた二つ。「手触り・肌触り」は一瞬でカシミヤに軍配。

スポーツ観戦などでひざ掛けに気軽に使えるのがウール素材という気がしました。用途によって素材を使い分けるのはいいかもしれませんね。

 

今回お伝えした「カシミヤ」と「ウール」の違い。お分かりいただけましたでしょうか。

ATLUCKWATCHは時を超えるものをコンセプトにセレクトした商品を取り揃えております。

ATLUCKWATCHのLINEアカウントを登録して頂くと、ちょっとした疑問もあなた専用のスタッフが一緒に悩んだり、スピーディーに解決いたします。

ぜひ、こちらをクリックしてお友達登録してくださいね。

友だち追加

Share this post