ジョンストンズ 「ブランドタグが毎年変わるって本当?」

こんにちは。

ATLUCKWATCHのスタッフ竹内です。ようやく肌寒くなってきましたね。

 

コートを出すにはちょっと早い。でも、夜遅くなる日には肌寒い。

 

そんなとき、ストールは調整できるので本当に重宝しますよね♪

 

今日は、ジョンストンズの顔というブランドタグについてお伝えします。

◆2018AW-2019SSのジョンストンズのタグは?

「ジョンストンズには、タグが数種類あるようですが、ATULCKWATCHで取り扱っている商品にはどんなタグがついてますか?」

 

実は、「タグ」に関してカスタマーサービスへお問い合わせをいただくことが週に1度くらいあります。

 

アパレルを扱っていて、これほど「タグ」に関してお問い合わせのあるブランドって多くはないのではないでしょうか。

 

◆なぜ、ブランドタグが気になるのか?

なぜ、お客様がブランドの「タグ」を気になさるのか、カスタマーサポートを始めたばかりの頃はさっぱりわかりませんでした。

 

「タグが気になる理由」

 

それはジョンストンズが、以前は毎年のようにブランドタグが変わっていたからです。

 

ジョンストンズを何年も前から愛用してくださっているお客様は、「今年はどんなタグなんだろう?」と楽しみにしてくださっているんですね。

 

そのような理由で、「今年のタグはどんなタグですか?」とおっしゃる方もいるくらいです。

 

 

こちらの写真が今期2018AW-2019SSのタグです。

◆2015-2016年のタグと2017年以降のタグの違い

2015年から今年2018年現在は、「タグ」に関して大きな変化はございません。

 

*洗濯タグ(ブランドタグの下にある小さなタグ)の文字の大きさが2015-2016年より2017年以降は小さくなって、フォントを変更しています。

 

二つの写真を見比べてみてくださいね。

2015-2016年

2017年以降

私たちATLUCKWATCHでジョンストンズを取り扱い始めたのが、今から3年前の2015年です。

 

まだまだお取り扱いを始めて間もないのですが、毎年シーズンが終わる少し前には完売になるくらい少量ずつ仕入れております。

 

そのため、私たちが販売しているジョンストンズに関しては、2018年現在、最新のタグが主流となっています。

◆【徹底解説】ジョンストンズの紙タグ

紙タグに記載のあるように、ジョンストンズのロゴともなっているイラストは、エドワードハリソンによって描かれました。

 

エドワードハリソンは1920年にジョンストンズ家から経営を引き継ぎ、彼の家族が今日まで後継人としてジョンストンズを守り続けています。

 

「Johnstonsの頭文字J」に、「ハチ」は職人の象徴として、花はスコットランドの国花「アザミ」をあしらっています。

また2015年からは紙タグの方にはチャールズ皇太子がジョンストンズをロイヤルワラントに認証したということで、プリンスオブウェールズ(チャールズ皇太子)の紋章がついています。

 

誰がロイヤルワラントを認証するかによって、どの紋章がつくのかが異なります。

 

プリンスオブウェールズ(チャールズ皇太子)の紋章は、「黄金の冠に3つのダチョウの羽」

タグだけで、これほどのストーリーを持っているジョンストンズ。

 

ぜひ、200年に渡る伝統のストールを手に取ってみてください。

ATLUCKWATCHは時を超えるものをコンセプトにセレクトした商品を取り揃えております。

 

公式インスタグラムも毎日更新しているので、下のロゴをクリックして、ぜひチェックしてみてください。

 

インスタ限定のセール情報もこれからアップしていく予定です。


 

お問い合わせはこちらをクリック

info@atluckwatch.com/24時間

03-6427-6951/電話対応10時〜16時

Share this post