こんにちは。ATLUCKWATCHの竹内です。

ファリエロサルティ を探していらっしゃる方が一番迷ってしまうこと。

それはカラーバリエーションの豊富さゆえに「どの色が自分に似合うのか?」ということではないでしょうか。

 

お問い合わせでも一番多いのは「サルティの色の微妙な違いを教えて欲しい。」というご相談です。

今回はファリエロサルティの中でも、透け感のある春〜夏用のストール「Tobia(トビア)」の色について比較してお伝えします。

2019SSのTobia(トビア)は何色ある?

ファリエロサルティは定番のブラックやネイビー以外、シーズン毎に色品番が変わるブランドです。

私たちが去年人気があった色を「今年も注文しよう。」と思うと、実は廃番になっていたりします・・・。

 

サルティはまさに一期一会の世界。

旬があり、他の人とは被らないという点では特別なストールになるでしょう。「気に入った時が買い時」それがファリエロサルティなのです。

今期私たちがお取り扱いしているTobia(トビア)は、13色になります。

「販売ページで色が異なって見えるのはなぜ?」

ファリエロサルティの商品は色品番のみでストールに色の名前はついていません。

私たちはお客様にどうしたら絶妙な色味をお伝えできるかと試行錯誤した結果、写真をふんだんに使ってお伝えすることにたどり着きました。

 

ただこれも、光の加減で「モデル着用写真」と「商品写真」では若干の違いが出てしまいます。

「モデル着用写真」はイメージカットですので、基本的に「商品単体の写真」が実際の商品に一番近いように色味を合わせています。

ベージュ系の比較

今回は、他の商品と並べることによって微妙な色の違いを比較してみたいと思います。

最初はベージュ系です。

各色の品番についてあえて言葉で表現してみます。

下の段左から

59922・・・重なっていると乳白色でバニラアイスのよう。拡げると当店の中では一番白に近い、薄い色。

62682・・・リネン(麻)のような色。太陽光の元では糸に光沢があり、ナチュラルながらも上品さが漂う。

59921・・・少しオレンジがかったベージュ。今期完売し、今後の入荷は未定。

 

上の段左から

53330・・・和名で「枯れ草色」と呼ばれるベージュに近い。程良い明るさもあり合わせやすい色。

56054・・・53330をワントーン濃くしたようなベージュ。夏の強い日差しに少し濃いめのベージュが存在感を際立つ。

56055・・・大人の雰囲気が漂うブラウンに近いベージュ。見え方によっては少しカーキのよう。

56051・・・ファリエロならではの陰影が特徴的なピンクブラウンのベージュ。

 

一口にベージュといっても、これだけのバリエーションがあり、毎回ファリエロサルティ の色の美しさには驚かされます。

グレー系の比較

グレー系についてご説明します。

上の段左から

59923・・・ホワイトがかったグレー。柔らかな印象の明るい色。

56059・・・黄色味があり、グレーの中でも暖かみを感じるライトグレー。

59932・・・少し青みがかったグレー。アイスグレーとも呼べる、クールでキリッとした印象。

56060・・・ユニセックスで使いやすいダークグレー。白とグレーの絶妙なバランスがこなれたオシャレさを演出します。

 

番外編で、下の段左から

53327・・・ペールバイオレット。優しい藤のような色。

U221・・・ネイビーは定番として毎年発表されますが、Uは波のような加工あり。

 

Tobia(トビア)の良さは、何と言っても透け感。重なり合った部分が濃淡となり、巻き方次第で表情が変わります。

薄着の季節に上質なストール1枚でさりげなくかっこいいオシャレが楽しめるのは、やっぱりサルティならではですね。

ブラッシングできるのは「イシカワブラシ」だけ

「こんな薄い素材のストールはお手入れが大変そう」という声がどこからか聞こえてきそうですね。

日頃サルティをお使いいただいた後は、風通しの良い場所で影干しだけでも十分です。お手入れとなると、「イシカワブラシ」で細かな汚れや埃を取ることができます。

 

実は「イシカワブラシ」を取り扱っている私たちでも、薄くて繊細なサルティをブラッシングするということは全く考えていませんでした。

石川さんにインタビューした時に、たまたまストールの撮影もありブラッシングをしていただきました。すると、埃が舞うんです(笑)。

 

普段社内では撮影サンプルとしてかけてあるだけなので、使用頻度はほとんどないのですが、やっぱり埃は付着しますよね。

ブラッシングでストールの目が整うこともあり、ストール自体の色味もワントーン明るくなり驚きました。

サルティにブラッシングできるのは、柔らかいけどコシがある「イシカワブラシ」ならでは。他のブラシではオススメしません。

 

ただサルティのストールは、あえて端の処理をしていない自然な状態です。

「ほつれの原因」になるので端だけはブラシをかけないようにお願いします。

旅のお供にサルティを

国内外問わず、移動中の電車や飛行機では空調温度が合わないことがしばしばあります。

特に国際線の飛行機となると、「乾燥」「エアコンの寒さ」がものすごく気になります。そんな時、いつもバッグに入れているのがサルティです。

 

機内で貸していただける毛布がクリーニング済みとはわかっていても、どうも顔元まで近づけるのに抵抗があるのです。そんな経験ありませんでしょうか。

私はサルティをイスラム教徒の女性が巻くように顔の周りまでぐるっと巻いて乾燥対策をしています。

マスク跡が付かないのも大きなポイントで一石二鳥ですよ。

色選びは楽しい

私たちはお客様に本当に気に入って使っていただきたいので、購入前にしっかりとお話したいと思っています。

アクセサリーを選ぶのと同様に、色選びは私たちにとっても楽しい時間です。

 

お問い合わせフォームや、メール、LINEからぜひご連絡お待ちしています。

あなたの大切な1枚を、一緒に選びましょう。

ATLUCKWATCHは時を超えるものをコンセプトにセレクトした商品を取り揃えております。

公式インスタグラムも毎日更新しているので、下のロゴをクリックして、ぜひチェックしてみてください。

インスタ限定のセール情報もアップしています。


 

お問い合わせはこちらをクリック

info@atluckwatch.com/24時間

03-6427-6951/電話対応10時〜16時


こんにちは。ATLUCKWATCHの井上です。

今回のブログでは、ブランドや商品のご紹介から少し外れて、私自身が愛用しているものを、ご紹介していこうと思います。

わたしたちがATLUCKWATCHで扱っているブランドや商品と、ここに上げたものたちは、どちらも同じく好きなものばかりです。

こんなものもあるんだな、ぐらいに楽しんでご覧頂けたら嬉しく思います。

EDWARD BROWN/エドワードブラウン カシミアストール

まずご紹介するのは、わたしたちの取り扱いブランドの一つである、エドワードブラウンのカシミアストールです。

わたしが愛用しているのは、ネイビー。

全てここにある商品は、フィルムカメラで撮影しているので、少し色が分かりづらいかもしれませんが、ブラックに近いネイビーです。

 

エドワードブラウンは、わたし自身が、上質でコレクションしやすいカシミアストールがない、と感じたことがブランド立ち上げのきっかけです。

ストール好きな方は同じ想いだと思いますが、気に入ったストールは、色違いで購入したくなりますよね。

バッグや靴と一緒で、なぜかストールには中毒性がある気がしています(笑)。

 

エドワードブラウンは、少しずつシーズン毎に買い足して愛用していけるカシミアストールのブランド。

少しずつ買い足してコレクションしていくには、品質と価格、どちらも重要。妥協ないストールづくりを目指しています。

わたしたちのオフィスの一角がショールームになっていますので、ぜひお手にとってご覧になってみてください。

 

EDWARD BROWN SHOW ROOM

東京都港区南青山5-1-25メゾンドラミア401

03-6427-6951/info@atluckwatch.com

営業時間:10:00~6:00/Mon~Fri

https://www.atluckwatch.com/product-category/stole/edward_brown/

イシカワ洋服ブラシ

カシミアストールに欠かせないのは、毎日のブラッシング。

長年、愛用のストールにぴったりのカシミアブラシを探していたのですが、ついに理想のブラシに出会うことができました。

 

噂には聞いていたイシカワの洋服ブラシ。

国内外のありとあらゆるカシミアブラシを試してみた結果、わたしがたどりついた結論です。

 

お値段に躊躇していまう方もいるかもしれませんが(わたしもその一人でした)、石川さんが作るブラシは、本当の一生物です。

石川さんご本人からもお話を伺い、本当にきちんとカシミアストールをお手入れするには、このブラシしかない、と確信しました。

 

この春からわたしたちのショップでの取り扱いも決定しています。

一つ一つがハンドメイドのため、常にお手元へのお届けにお時間を頂くかもしれません。

他のものを買うのを一切我慢して、まずこのブラシを手にして頂くことをおすすめします。

 

イシカワ洋服ブラシ

http://home.g08.itscom.net/ishikawa/index/

CONTAX/コンタックス T2

もしかしたらお気づきかもしれませんが、わたしたちのショップは、写真にどこまでもこだわっています。

インスタグラムを更新していることもあり、本当に写真を撮影する機会が、仕事、プライベート問わず増えています。

 

外出時にわたしがいつもポケットに入れているのが、CONTAX T2。

京セラが約20年前につくった、名作中の名作と言っていいフィルムカメラです。

 

CONTAX T2で撮影した写真は、何とも言えない味があり、はまってしまうこと請け合いです。

表面も今のカメラでは考えられないチタン製でできているので、毎日使う道具として、少し手荒にガシガシ使い込んでいくのがぴったりだと思います。

 

わたしがよくCONTAXのカメラを購入するのが、コンタックス専門店の極楽堂。

コンタックスのカメラの全てのモデルが揃う、まさにフィルムカメラマニア垂涎の聖地です。

http://onlyzeiss.web.fc2.com/

 

現像は、渋谷にあるフォートウエノにお願いをしています。(もちろんこの写真も。)

ご家族で経営されていて、一見アットホームな雰囲気ですが、東京中からフォトグラファーが現像に訪れる、フィルムの聖地の一つです。

http://photo-ueno.sakura.ne.jp/

JURGEN TELLER/GOO-SEES

ヨーガンテラーとわたしの出会いは、約15年前。

当時のマークジェイコブスの広告ビジュアルを撮影していたのが、ヨーガンテラーでした。

 

グラマラスな他のブランドの広告と違い、被写体の人間的な魅力をとらえるような写真。

一度見ると心の中に粘りついて離れない魅力が、ヨーガンテラーの写真にはあります。

 

そんな彼が、ロンドンの事務所に訪れるモデルたちを撮影した記録が、このGOO-SEESです。

着飾っていない、素のままの彼女たちを記録したこの写真集は、その後多くのフォトグラファーに影響を与えました。

グラマラス、フォトジェニック以外のファッション写真のあり方を、わたしはヨーガンテラーから学んでいるのかもしれません。

JUN FUNAHASHI/TWO LIPS

JUN FUNAHASHIさんは、アメリカ シカゴを中心に活動するアーティストです。

昨年は、DESIGN ARTで日本初となる個展を開催し、日本国内でも徐々に知名度が上がっています。

 

JUNさんの代表的なシリーズであるTWO LIPSは、誰もが理解できるモチーフでありながら、アートとしての奥深さを秘めた作品。

わたしが購入した、ブロンズ素材のTWO LIPSは、ハワイのカピオラニで洗礼を受けたもの。

これから長い年月を経てどんな表情になっていくのか、今からとても楽しみなアートピースです。

https://www.jfunahashi.com/

TED MUELING/ CANDLE HOLDER

次は、テッドミューリングのキャンドルホルダーです。

アメリカで活躍するジュエリーデザイナーで、東京でも徐々に取り扱いショップが増えてきています。

わたしは、撮影用に購入したのですが、正直お値段を見て、購入を躊躇しました(笑)。

 

思い切って購入したあと、まず自分の部屋に置いてみて、その存在感と佇まいに驚きました。

シェイプはとても繊細で、主張するような過剰なデザインではないのに、部屋全体の空気感を一変してしまうぐらいの凛とした存在感。

やはり高いものには、高いなりの理由があるんだな、と一人納得してしまいました(笑)。

 

確かに世間一般からみれば、問答無用で「高すぎる」というレッテルを貼ってしまわれかねない、テッドミューリング。

しかし長い目で見れば、何十年にもわたって、わたしたちの生活を豊かにしてくれるものだと思いますし、自分の物差しで購入したものは、永い間あなたのパートナーとして寄り添える存在になると思います。

わたしは、中目黒のショップ HIKEさんで購入しました。

http://www.hike-shop.com/

UNDER COVER/バックパック

最後に紹介するのが、わたしが毎日通勤やプライベートで愛用している、アンダーカバーのバックパックです。

購入したのは、もう4~5年前だと思いますが、くたびれることなく、今でも毎日愛用しています。

 

サイドポケットには、よく取り出すフィルムカメラを入れたり、長財布を入れたり。男性女性問わず、アクティブに動き回る方にもぴったりです。

恐らく今も定番で出しているモデルだと思いますので、気になった方は、ぜひ問い合わせてみてください。

http://undercoverism.com/

ここまで書いてきて、やはりわたしが好きなものは長く愛用できるもの、使えば使うほど味が出てくるものなんだな、と再確認しました(笑)。

ほとんどわたしたちのショップと関係がないものばかりでしたが、ぜひ気になったものがあれば、ショップに足を運んでみてください。

あなたが、時をこえるもの、人生を共に歩めるもの、と出会えることを、わたしも願っています。


ATLUCKWATCHは時を超えるものをコンセプトにセレクトした商品を取り揃えております。

公式インスタグラムも毎日更新しているので、ロゴをクリックして、ぜひチェックしてみてください。

インスタ限定のセール情報もアップしています。

 

お問い合わせはこちらをクリック

info@atluckwatch.com/24時間

03-6427-6951/電話対応10時〜16時