こんにちは。ATLUCKWATCH代表の井上です。

前回のブログに引き続き、あなたと一緒にジョンストンズ 大判ストールとマフラー、そしてアパレル全般の原価率について考えていきたいと思います。

【2017年最新版】ジョンストンズ カシミアストールとマフラーの原価を公開します。はこちらをクリック

 

「この洋服や大判ストールはいったいいくらで作られているんだろう?」

「お店側はどれぐらいの利益を得ているのだろう?」

「こんなにセールをして、本当にもうけが出ているんだろうか?」

 

あなたも、もしかしたらこんな疑問をもったことがあるかもしれません。

そんなあなたの疑問を、このブログで全て解決します。

ぜひ楽しみながら読んで頂けたら嬉しく思います。

◆アパレルの原価って、ズバリいくら???

最初に結論をお伝えしてしまうと、一般的なアパレルの原価率は、30%程度です。

これはブランドによっても変わってきますし、一概に世の中の洋服が原価率30%でつくられている、ということではありません。

 

例えばラグジュアリーブランドなどの原価率は、10%程度だと言われています。

これなら、セールで50~80%OFFという値付けをしてもギリギリ利益が出ますね。

◆セレクトショップは、大判ストールをいくらで仕入れているの??

一般的にブランドからセレクトショップに卸す時の価格は、定価の60%程度です。

つまりセレクトショップや百貨店は、ジョンストンズの大判ストールやマフラーを、40000円弱で仕入れているということになります。

 

国内代理店 30~50%程度

セレクトショップ 40%程度

がジョンストンズ 国内代理店品のマージンになります。

 

国内代理店品のジョンストンズは、少なくとも70%分、つまり46000円分が、国内業者の手数料なのです。

なぜ国内品にはこれだけの利益率が必要なのでしょうか?

 

それはアパレル業界の、旧態依然とした構造に理由があります。

店舗の賃料もかかりますし、多くの販売員の給料も出さなくてはなりません。

 

1枚の洋服を売るまでに、間接経費がものすごく多くかかる様になっているのです。

その経費は、当然洋服の価格に反映されます。

 

 

つまり、ジョンストンズ 大判ストールやマフラーを買うあなたが、その会社の経費を支払っていることと一緒なのです。

しかもその経費は、本当は必要でないものだったりします。

 

今の時代は、オンラインでの販売なら、人件費も少なくすることができますし、場合によっては、業務をアウトソースすることもできます。

実際にわたしたちも、余計な間接コストを下げる企業努力を、日々行っています。

 

わたしたちATLUCKWATCHは、こういった余分なマージンや間接コストを何とかカットできなかと考えました。

そして、ジョンストンズの海外代理店との取引ルートを開拓することができたのです。

◆ 結局ジョンストンズ 大判ストールを買うには、高いマージンを我慢するしかないの??

さらに、わたしたちを信頼してご購入頂いたお客様のために、何かできないかと考えました。

そしてわたしたちは、あなたにさらにご満足を頂くために、カシミア製 大判ストールの製造を始めました。

 

それがエドワードブラウンのカシミアストールです。

エドワードブラウンのカシミアストールはこちらをクリック

 

 

Eコマース業界では、ジョンストンズの店舗で利益を出して、そのノウハウを販売する会社がいくつかあります。

ジョンストンズを販売して得たノウハウを、教材として販売しているのです。

 

その店舗で買ったお客様は、実験台になったのと変わりありません。

さらにそういったショップは、接客の丁寧さを全面に押し出しているので、一見誠実なのかな?という印象を受けます。

実は、これはよくあるショップのマーケティング方法なんです。

 

あなたは、この業界の事実、どう感じますか?

わたしはそういったショップで買わずに、atluckwatchで購入して下さい、とあなたにお伝えしているわけではありません。

あなたに本当の真実を知って頂きたい。

 

そしてこれからあなたの大切なお金を使うときに、その会社がどういう会社なのか、を深く知って頂きたいのです。

正直私自身、お預かりしたお金を私利私欲に使ってしまいたい、という誘惑が何度もありました。

 

そのまま会社に残しておくと、約半分を税金として支払わなくてはなりません。

そんなのは勿体ない!!と多くの経営者は考えますが、わたしはそれでもいいと思ってします。

 

あなたの笑顔を見るために、本当に良い商品を開発しする。

ファッションを通して多くの人を幸せにする。

 

税金をきちんと納めて、この国の発展の為に、使って頂く。

私はこれが商売の王道だと思っていますし、これがあなたからお預かりした大切なお金を、最大限生かす方法だと信じてします。

 

前回に引き続き、本当に赤裸々な内容になってしまいました(笑)。

これがアパレル・Eコマース業界の内情です。

そしてその内情を知った上で、わたしたちは何ができるのか、を毎日真剣に考えぬいています。

◆最後に・・おすすめのカシミアストールをご紹介させてください。

ぜひこの記事が、少しでもあなたの助けになることができたら、本当に嬉しく思います。

最後にいくつかおすすめの大判ストールをご紹介させて下さい。

 

タータンチェック柄なら、ジョンストンズのカシミアストール。

無地大判ストールなら、エドワードブラウンが本当におすすめです。

ぜひ一度お手に取ってみてください。


こんにちは。

ATLUCKWATCH代表の井上です。

 

今回はあなたに大事なお知らせがあり、ブログを書かせて頂いています。

わたしたちATLUCKWATCHは、ジョンストンズ カシミアストール・マフラーの原価を公開させて頂くことにしました。

 

「なぜ企業秘密である商品の仕入れ価格を公開するのですか?」

「なぜそんなことをする必要があるんですか?」

とあなたももしかしたら不思議に思っているかもしれません。

 

先シーズンに引き続き、2017AWシーズンも、本当に多くのお客様にジョンストンズのカシミアストールとマフラーをご購入頂いております。

本当にありがとうございます。

 

 

実はこの数年、ジョンストンズのカシミアストール&マフラーを販売していて、強く憤りを感じことがありました。

それはアパレル業界・Eコマース業界の情報の囲い込みです。

 

セレクトショップや百貨店では、近年の値上げもあって、ジョンストンズのカシミアストールが、7万円弱という値段で販売されています。

それに対してネット上では、激安ジョンストンズのオンパレードです。

 

楽天やAmazon等のモールで、正規品ではないストールを正規品と言って販売したり、おもてなし風の店舗も目立ちます。

しかし、これらのおもてなし店舗が、あなたにしたジョンストンズの情報を正確に誠実にお伝えしているかと言われたら、私にはそうは感じられませんでした。

誤解のないようにお伝えしておきたいのですが、ここでいう誠実とは、丁寧という意味ではありません。

誠実とは、お客様に対して嘘がないこと、そしてきちんと真実を伝えることだと思います。

 

 

これから世の中はインターネットやSNSの進化によって、誠実な会社、店舗だけが残っていく時代になっていくと思います。

つまり嘘が見破られてしまう世の中になってくるのです。

 

これだけ色々な価格が透明化していく中で、なぜアパレル業界や、Eコマース業界は、商品が実際幾らで作られているのかを公開しないのでしょうか。

自社の利益は幾らで、なぜこれぐらいの利益が必要なのか、を誠実にお客様にお伝えすれば、より信頼感を得ることができるのではないかと思います。

これはわたしたちにも大きなチャレンジです。

◆ジョンストンズ カシミアストール・マフラーの原価は???

結論からお伝えすると、ジョンストンズ カシミアストールの仕入れ価格は、28800円です。

そしてカシミアマフラーが7800円。

 

ここであなたにお断りしておかなければいけないこと。

それは、店舗によって仕入れ価格は前後するということです。

 

ジョンストンズの正規品を扱っている店舗が、全てこの価格で仕入れているわけではありません。

例えば最近の傾向として、長期の円安傾向があります。

 

円安になると、ジョンストンズの様なインポートブランドは、仕入れ価格は上がりますし、場合によっては、定価を上げる必要もでてくる場合もあります。

そしてスコットランドからの送料や、会社経費に関しても、会社によってバラツキがあります。

ですが、海外輸入正規品の仕入れ価格は、28800円前後だと思って頂いて構いません。

◆セレクトショップや百貨店のジョンストンズの価格のカラクリは??

さあ、ここからあなたにジョンストンズの全ての価格を公開します。

わたしたちの仕入れ価格だけではありません。

 

メーカーや、セレクトショップの仕入れ価格を全てお伝えするのです。

別注の記事につづいて、期間限定の公開になるかもしれません(笑)。

 

参考までに、ジョンストンズ カシミアストールの代理店価格は、66,960円です。

この価格がどうやって決まっているのか、一緒に見ていきましょう。

 

・ジョンストンズ 生産価格:8,000~10,000円

これはジョンストンズが生産に必要な原価です。

カシミア毛の仕入れ~輸送~スコットランドでの製造など。

 

純粋にジョンストンズのカシミアストールの形ができるまでの価格です。

これには理由があります。

 

ATLUCKWATCHでは、カシミア100%の大判ストールの自社生産を始めました。

この製造にかかる価格が7800円。

 

ATLUCKWATCHのカシミアストール製造は中国にある工場で行っています。対してジョンストンズはスコットランドに工場を持っています。

スコットランドの人件費を考えると、ジョンストンズ カシミアストールの原価は8,000~10,000円前後になるのではないか、というのがわたしの予想です。

 

 

・国内代理店の仕入れ価格:20,000円前後

この価格にもある程度の根拠があります。

そもそもジョンストンズの代理店になり、プロモート(告知)していくにはお金がかかります。

 

展示会も開かなければなりませんし、大勢の雑誌のスタイリストに来てもらうために、ある程度立派なショールームも必要になってきます。

そうなると、当然当社と同じ価格で仕入れていたのでは、商売あがったり、です(笑)。

 

つまり代理店は、ジョンストンズ本社から優遇した価格を提示されているはずなのです。

そして定価から逆算していくと、20000円前後が一番しっくりくる価格です。

 

20000円で仕入れたジョンストンズのカシミアストールを、37000円でセレクトショップに販売する。

利益率は40~50%程度で、展示会で先にオーダーを取ることにより、在庫のリスクも回避できます。

この価格で色々なことを考えてみると、理にかなっているかと思います。

 

 

・セレクトショップや百貨店の仕入れ価格:37000円前後

一般的にアパレルの小売の利益率は40%程度と言われています。

ジョンストンズの販売定価62000円(税抜)×0.4=37200円。

 

つまり有名セレクトショップは37000円でジョンストンズを仕入れて、62000円であなたに販売していることになります。8%の消費税は別途かかります。

どうでしょうか。

 

国内代理店価格は、ほとんどが税金みたいなものです。

高い税金を支払う代わりにあなたが得られるものは、国内代理店品という安心感です。

 

そしてあなたの不安感を煽り、代理店品を購入してもらうために、Googleの検索結果にはアフィリエイターという人が書いた記事が並びます。

これが情報の囲い込みです。

◆ 楽天で販売されているカシミアストールは、偽物なの??

国内代理店品に対して、楽天やAmazonでの激安品があります。

先程、当社と国内代理店の仕入れ価格をお伝えしました。

 

ところが、楽天で販売されているジョンストンズのカシミアストールは、3万円弱です。

考えてみてください。

 

国内代理店が2万円で仕入れているものを、なぜ楽天上の名もない店舗が29800円で販売できるのか。

そして当社の正規品で28800円するカシミアストールを29800円で販売できるのか。

楽天の店舗様、ぜひご意見をお伺いしたいので、ご連絡お待ちしています(笑)。

◆ジョンストンズのカシミアストール・マフラーをあなたならどこで購入しますか?

ここまでジョンストンズのストール・マフラーの価格について、全てわたしの知っていることをシェアさせて頂きました。

他の店舗さんを批判したいわけでも、絶対にATLUCKWATCHで購入してください、とあなたにゴリ押ししたいわけでもありません。

 

ただわたしたちがこのブログで実現したかったこと。

それはジョンストンズのご購入を検討しているあなたの不安をすべて解消することです。

 

今までは商品を供給する側、つまり会社のほうが個人より力を持っていました。

でも今の時代は違います。

こうしてわたしとあなたはインターネットのウェブサイト上でお会いできたわけですし、ソーシャルメディア等で、自分の意見を公開することも簡単になってきました。

 

わたしたちがなぜこの記事を公開したのか。

それはわたしたちのサイトを訪れてくれたあなたに対して、誠実でありたいと思ったからです。

 

今回の様に価格をすべて明らかにする、というのはわたしたちも初めての試みです。

ぜひあなたのご意見をお伺いできたら、とてもうれしく思います。

最後になりますが、ジョンストンズとATLUCKWATCHオリジナルブランドのご紹介になります。

 

ジョンストンズ カシミアストール・マフラーはこちらをクリック

ATLUCKWATCHオリジナルブランド EDWARD BROWNのカシミアストールはこちらをクリック

 

オリジナルブランドの商品ページでも全て原価を公開しています。

ぜひあなたのご来店をお待ち申し上げております。

 

次回は、アパレルの適正価格、原価率について考えていきたいと思います。

少しマニアックな記事になるかと思いますが(笑)、ぜひこりずに続編もご覧頂けたらとてもうれしく思います。

最後まで本当にありがとうございました。