こんちには。ATLUCKWATCH.COM店長の竹内です。

2018秋冬のジョンズトンズの入荷に向けて、夏前ですがなんだか社内がバタバタしてきました。

 

秋冬のベストシーズンにお客様へお届けするには、春に注文をして、夏までには入荷し、真夏にカシミヤストールのモデル撮影。

そうしてようやく、ちょっと早い秋までに商品をご案内できるのです。長いですね・・・(苦笑

 

最高の商品を、正確な情報とともにお客様にお伝えしたいので、写真にもこだわるのがATLUCKWATCH.COM。

このような流れですので、新商品ご紹介まで、今しばらくお待ちいただければと思います。

◆ジョンストンズ 無地のカシミヤストールは毛羽立ちがあるけど不良品なの?

さて、前回に引き続きお客様からいただいた質問にお答えしてきます。

「ジョンストンズのミッドグレーのカシミヤストールを購入したのですが、毛羽立ちが気になります。」(千葉県 S様より)

 

ATLUCWATCHのLINEアカウントを登録してくださったお客様より、LINEでこのような質問を写真付きでいただきました。

ご質問いただき、ありがとうございます。じっくり選んでいただいて決めた商品です。品質は絶対に気になりますよね。

 

お客様はすでにジョンストンズをお持ちで、1枚目はチェック柄のブラックスチュワート、今回ブログを読んで当店で単色のミッドグレーを選んでくださっていました。

今回もお客様のちょっとした疑問・不安にお答えすべく、わかりやすく解説したいと思います。

◆カシミヤストールが「毛羽立って見える?」ってどういうことだろう

「毛羽立ち」と聞くと何度か使っていて起こる現象だと思って「初期不良の商品じゃないの?」と思うお客様のお気持ち、よくわかります。

お客様と同じ商品のブラックスチュワートとミッドグレーとを並べてみました。

わかりますでしょうか。どちらも新品なのですが、確かに表面が違って見えます。

単色(プレーン)の場合は、チェック柄よりはっきりと「毛の流れ」が見えます。

実際にこれはカシミヤ特有の「うねり」と呼ばれるものです。

もう少しミッドグレーに近寄って写真を撮ってみました。

寄ってみると、確かに毛の流れが「毛羽立っている」ように感じます。

実は、ジョンストンズのカシミヤ製品は植物のアザミの実のとげを利用して「起毛する」と言う工程をとっています。

あえて表面を引っかき毛羽立たせる加工をし「起毛する」ことで、手触りが柔らかくなり、保温性が増すという特性があります。

 

以前のアザミについて記載しているブログはこちらです。

ジョンストンズ(Johnstons)こだわりの一貫生産についてVol.2はこちらをクリック

今回二つを並べてみて、チェック柄のストールよりもプレーンな単色の方がより「起毛」「毛の流れ」「うねり」がはっきりとわかりました。

「毛羽立ち」のように見えるものはあえての製法で、不良商品ではなかったので安心ですね。

同様のご質問がS様からだけでなく、クリームやレッドのようなプレーン(単色)をご購入いただいた方からもありましたので、今回ブログでピックアップさせていただきました。

カシミヤが柄や製法でこんない表情が変わるものだということをご存知でしたでしょうか。

「そもそもカシミヤって何?」「ウールとどう違うの?」と言うことを次回は徹底解剖したいと思います。

お問い合わせはこちらをクリック

info@atluckwatch.com

03-6427-6951/10時〜16時(Mon-Fri)


こんにちは。スタッフの竹内です。

久しぶりの投稿になります。

新しいスタッフが増え、トレーニング期間もあってブログ更新滞ってしまいました。(言い訳)

 

 

さて、今回はお客様からいただいた疑問にお答えしていこうと思います。

「ジョンストンズのカシミヤストールが届いたけれど、私の持ってるジョンストンズより薄く感じます。」(東京都 M様より)

ATLUCWATCHのLINEアカウントを登録してくださったお客様より、

LINEでこのような質問をいただきました。

ご質問いただき、ありがとうございます。

 

 

高価なお買い物をネットでした時の、ちょっとした不安。

「本当に本物だよね。」

 

そのお気持ち。とってもよくわかります。

ジョンストンズのご購入者様は、品質の良さを知っているので、リピーターの方が多い商品です。

以前はデパートやセレクトショップで買ったけれど、今回はブログなどを読んで、当店を選んでくださるお客様も多くいらっしゃいます。

そんなジョンストンズを熟知しているお客様だからこそ、今回のご質問をいただきました。

◆ジョンストンズ カシミヤストールは本当に薄いのか?

初めこのご質問を受けた時、入社まもない頃は、

「え??そんなことあるの?」

「ジョンストンズのカシミヤストールは毎年厚さまで変わるの?」

「もしかして材料の高騰とかなんとか、卸価格据え置きにするために、材料をケチって薄くした??」

私自身も一瞬あせってしまいました。

 

 

そこで先輩社員登場。

 

「カシミヤストールは、使ってるとと空気が含まれてフワッとなるんだよ。」

 

チーン。終了です。解決。

 

 

とはならず、

疑り深い私は、届いたばかりの新品未使用ストールと、

1年使った(使い倒した、、、かもしれない。だいたい週に2~3回使用)商品の厚みを並べて見比べてみました。

う、本当に違います。

 

これならお客様が「私の持ってるジョンストンズのカシミヤストールとなんか厚みが違うんです」とおっしゃるのも無理ないですね。

 

比べてみると1.2倍くらいには厚みが増しているように見えます。

実際に、並べてみて厚みの違いがわかってよかったです。

M様、ご質問いただきありがとうございました。

◆ジョンストンズ カシミヤストール 実際の重さは何グラム?

厚さがこれだけ違うのだから、今度は私自身が、ジョンストンズのカシミヤストールの「重さ」も気になってしまいました。

 

なので、こちらはご質問にはなかったのですが、キッチンスケールに透明な板を載せて、

細かなグラム数を測ってみることにしました。

 

上:新品未使用時  385g

下:1年使用後      393g

「重さ」も違うんですね~~~。

実際に測ってみてびっくりです。

 

 

今度は、もう一つ疑問が湧きました。

 

「この重さって?私がジョンストンズのカシミヤストールを使い過ぎて、私の水分を含んだから???それとも空気中の湿気を吸い込んでる???」

「え、なんだか気持ち悪い・・・・。」

「使ったら、陰干ししているのに・・・・ぐすん。」

 

そこでネットで色々調べました。文系の私は、全くの理系センスゼロ。

私にとっては、ほとんど理科の実験です。

 

キーワード「空気 重さ 水分」

 

そして、以下の検索結果が出ました。

結果発表。

1.空気には重さがある

2.湿った空気より乾いた空気の方が重い

https://www.daikin.co.jp/naze/html/b_7.html(参考:ダイキン工業「空気の学校」)

http://www.shend-trend.com/post-6571/(参考:はてなスッキリ「湿気と空気の重さって違うの?どちらが重いか調べてみました!」)

 

大人歴、けっこう長いのですが、知らなかったです。

 

 

でも、これで安心しました。

使用して空気を含んだカシミヤストールが重くなる理由。

 

私の水分ではなく、空気が含まれることによりフワッとして、重量が増えたんですね。

 

今回は、お客様からいただいたちょっとした疑問から、新たな発見までできました。

本当にお客様からの質問は貴重です。ありがとうございます。

お問い合わせはこちらをクリック

info@atluckwatch.com

03-6427-6951/10時〜16時(Mon-Fri)